育成部門

木村牧場の育成部門は、国内屈指の調教施設ファンタストクラブを利用してサラブレッドの調教育成、リフレッシュを主業務にしています。
約70馬房という規模ながら、ここからエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタを筆頭に、日本競馬の歴史に残る名馬を手がける事ができました。

ファンタストクラブ外観 ファンタストクラブ外観3

ファンタストクラブの施設内容



私達は特に、馬のメンタル面を重視し、「馬と人との距離感」を常に意識した調教をしています。
お預かりした馬を競馬場に送り出し、「実戦でゲートが開く瞬間まで」が私達の責任であると考えています。
誰が乗っても等しいパフォーマンスが発揮できてこそ、世界に通用する馬作り、その第一歩であるというのが木村牧場の姿勢です。
ファンタストクラブ厩舎
おかげさまで、絶えず様々なお客様から馬をお預かりしており、馬房には外国産馬から希少な内国産血統までバラエティに富んだメンバーが並んでおりますが、馬の血統の良し悪しに関係なく、全ての馬を等しく高いレベルに導きたいと考えています。

コメントを残す